ROTD
いよいよ来週4月18日。発売まで目前となった「ライズオブザデュエリスト」

収録内容が「パッ」とせず魅力に欠けていましたが、強力カードの情報が続々解禁されてきています。


◇4月発売「ライズオブザデュエリスト」◇
ROTD




関連記事:新規収録判明!禁断の禁止効果てんこ盛りの”三戦の才”効果考察!



11期初のテーマ 教導(ドラグマ)

聖遺物をめぐる戦いが終了し、新たなる物語の始まりが予見されます!


教導ドラグマ聖女せいじょエクレシア》 

効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1500/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):EXデッキから特殊召喚されたモンスターがフィールドに存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「教導の聖女エクレシア」以外の「ドラグマ」カード1枚を手札に加える。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。 

教導ドラグマ鉄槌てっついテオ》 

効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1800/守1500
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):EXデッキから特殊召喚されたモンスターがフィールドに存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードはEXデッキから特殊召喚されたモンスターとの戦闘では破壊されない。
(3):EXデッキから特殊召喚されたフィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
ターン終了時まで、このカードの攻撃力は600アップし、対象のモンスターの攻撃力は600ダウンする。

教導ドラグマ天啓てんけいアディン》 

効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1000/守1800
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):EXデッキから特殊召喚されたモンスターがフィールドに存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードはEXデッキから特殊召喚されたモンスターとの戦闘では破壊されない。
(3):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「教導の天啓アディン」以外の「ドラグマ」モンスター1体を特殊召喚する。

下級ドラグマはすべてのモンスターに

EXデッキから特殊召喚されたモンスターが存在する場合、手札から特殊召喚できる効果を持っています。

《マクシムス・ドラグマ》 

効果モンスター
星8/光属性/魔法使い族/攻1500/守3000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地から融合・S・X・リンクモンスター1体を除外して発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
自分のEXデッキからカード名が異なるモンスター2体を墓地へ送る。
相手は自身のEXデッキからモンスター2体を墓地へ送る。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。
自分の墓地のEXモンスターをリソースに特殊召喚し、

EXデッキからモンスターを墓地に送りつつ相手のEXデッキも破壊。

教導枢機きょうどうすうきテトラドラグマ》 

特殊召喚・効果モンスター
星11/光属性/魔法使い族/攻3200/守3200
このカードは通常召喚できず、このカードの効果でのみ特殊召喚できる。
(1):自分・相手の墓地の融合・S・X・リンクモンスターを合計4体対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターを除外する。
(2):特殊召喚されたモンスターとこのカードが戦闘を行うダメージステップ開始時に発動する。
相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て破壊する。
その後、この効果で破壊した融合・S・X・リンクモンスターの数×800ダメージを相手に与える。
マクシムス・ドラグマの効果適用後、即座に召喚できる効果です。

高い攻撃力に加え、戦闘時のモンスター全体破壊とバーン効果を兼ね備えます。

《アルバスの落胤らくいん》 

効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守   0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
融合モンスターカードによって決められた、
このカードを含む融合素材モンスターを自分・相手フィールドから墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
この効果で融合召喚する場合、このカード以外の自分フィールドのモンスターを融合素材にできない。
ドラグマの名を冠してしませんが、後述のバスタードの召喚補助を行います。

1体で完結できるのが強いですね。

灰燼竜かいじんりゅうバスタード》 

融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
「アルバスの落胤」+攻撃力2500以上のモンスター
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、
このカードの融合素材としたモンスターの元々のレベルの合計×100アップする。
(2):このカードが融合召喚に成功したターン、
このカードはEXデッキから特殊召喚された他のモンスターが発動した効果を受けない。
(3):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「ドラグマ」モンスターまたは「アルバスの落胤」1体を選び、手札に加えるか特殊召喚する。
アルバスの落胤を素材にするため最低でも攻撃力は2900

攻撃力2500以上のモンスターとなるとレベル8以上は期待できるので

通常運用では攻撃力3700を保てそうです。

召喚したターンはEXモンスターの効果を受けないのも場もちにつながりそうです。

後続のサーチ効果も息切れを防げるため優秀です。

教導国家きょうどうこっかドラグマ》 

フィールド魔法
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
自分フィールドの「ドラグマ」モンスターはEXデッキから特殊召喚されたモンスターの効果の対象にならない。
(2):自分の「ドラグマ」モンスターが相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に発動できる。
その相手モンスターを破壊する。
(3):フィールドゾーンの表側表示のこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
お互いはそれぞれ自身のEXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。
EXモンスターからの効果体制に加え、戦闘補助効果

またこのカードが相手にはがされたとき相手のEXモンスターを墓地に送る効果を持ちます。

天底てんてい使徒しと》 

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):EXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。
その後、墓地へ送ったモンスターの攻撃力以下の攻撃力を持つ、
「ドラグマ」モンスターまたは「アルバスの落胤」1体を自分のデッキ・墓地から選んで手札に加える。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。
ドラグマモンスター・アルバスの落胤のサーチを行うカード

同時にEXデッキのモンスターを1体墓地に送る必要があり

マクシムスやテトラの召喚補助する能力を持ちます。

《ドラグマ・パニッシュメント》 

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力以上の攻撃力を持つモンスター1体を自分のEXデッキから墓地へ送り、
対象のモンスターを破壊する。
このカードの発動後、次の自分ターンの終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。
相手の場のモンスターを対象とし、その対象モンスターよりも攻撃力の高いEXデッキからモンスターを墓地へ送ることでそのモンスターは破壊。

《ドラグマ・エンカウンター》 

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●手札から「ドラグマ」モンスターまたは「アルバスの落胤」1体を特殊召喚する。
●自分の墓地から「ドラグマ」モンスターまたは「アルバスの落胤」1体を選び、手札に加えるか特殊召喚する。
手札・墓地からドラグマモンスター・アルバスの落胤を特殊召喚するか
サルベージするかを選べるカードです。

◇総評◇

ここにきて効果のよりがどちらかというEXモンスターメタという

なんとも皮肉たっぷりテーマになりました。

しかしバスタードを従えることで今後どんな化け方をするかわかりませんので今後の強化にも注目です。

また、EXデッキから墓地にカードを送る効果は「ゲールドグラ」よろしく、自分のアドバンテージに使えるカードがいくつかあります。

中でも、最近時登場した「エルシャドールアプカローネ」のサーチ効果との相性は高そうですので期待できますね。

それらのカードを交えたコンボが作られる可能性も秘めていますね。


混沌魔龍こんとんまりゅう カオス・ルーラー》 

シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。
その中から光・闇属性モンスター1体を選んで手札に加える事ができる。
残りのカードは墓地へ送る。
(2):このカード以外の光・闇属性モンスターを1体ずつ、
自分の手札・墓地から除外して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
「混沌」と「カオス」の名を冠するシンクロモンスター

レベル8の縛りのないシンクロでかつ

5枚めくり闇・光を加える効果とそれ以外を墓地に送る効果

また、墓地に存在する場合に手札墓地から光・闇を除外すると特殊召喚できる効果を持ちます。

「ライトパルサードラゴン」のような効果に加え、召喚のお手軽さや

召喚成功時の効果といい、新たなカオス戦略を検討できそうですね。



またこのカードは、「ライトオブデストラクション」ぶりの

表紙でないカードがホログラフィックレアとなるカードとなりました。

新たな輝きをぜひ実物で確認してみたいものです!


関連記事:新規収録判明!禁断の禁止効果てんこ盛りの”三戦の才”効果考察!


◇4月発売「ライズオブザデュエリスト」◇
ROTD

【"今話題"のながら読書】

 「音声で楽しむ」本の新しい形 『Audible
  期間限定の無料体験はこちらから